うつ病にかかりやすい人の性格4つとうつ病にかかりやすい生活習慣

 

うつ病は精神的な病による病気になるのですが、うつ病にはかかりやすい人、かかりにくい人などがいます。

 

そこでうつ病にかかりやすい人がどんな人かという説明をしていきたいと思います。

 

うつ病にかかりやすい人の生活習慣について

 

うつ病にかかりやすい人の生活習慣としては、友人や親戚、会社の人との飲み会などに断ってばかりで行こうとしない

 

自分の悩みを人に相談したり、打ち明けたりしない、仕事や学校が休みの日は一日中ベッドや布団で横になっている

 

などの生活習慣を送っている人はうつ病にかかりやすいのです。

 

また、うつ病にかかりやすい環境の人思いストレスなどが重なっている人もうつ病になる可能性が高まっているようです。

 

うつ病にかかりやすい性格について

 

うつ病にかかりやすい人の性格としては、1つ目は性格的にとても真面目な人になります。

 

仕事や学校での目標があったりしたら、それをなんとかして、やりとげようと人以上に努力をします。

 

2つ目は、責任感や、義務感が人よりもある人になります。

 

責任感、義務感がある人は別に悪くもないのに自分を必要以上に追いこんだりしてしまうようです。

 

リーダーや上司、部長、キャプテン、目標を高くもってしまう人は、良いように見えるのですが、ストレスが続いてしまったり、色々とこなさないといけない事のプレッシャーからうつ病にかかりやすくなっているようです。

 

3つ目は、ストレスをまともに受けてしまう人になります。

 

うつ病とはストレスや悩み不安などからかかってしまいます。

 

そのため、ストレスを受けやすい人はうつ病にかかりやすいのです。

 

ストレスといいますと学校や職場でのいじめなでと考えたりする事が多いですが、

 

ストレスは病気や事故、妊娠、出産、環境が変わったり、転勤、リストラなどがあります。

 

4つ目は、感情表現がうまくできない人になります。

 

言いたい事とかがあっても、それを我慢してしまう人はうつ病にかかりやすいのです。

 

投稿日:

3つの危険な性質に注目せよ!うつ病になりやすい人の特徴

まったく同じ環境でいても、うつ病になりやすい人となりにくい人がいます。

 

この違いを知りたいと思いませんか?もし自分がうつ病になりやすい性質を持っているのなら気を付けなくてはいけませんよね?

 

うつ病になりやすい人の特徴を3つご紹介しましょう。

 

責任感が強いリーダータイプ

一つ目は責任感が強いリーダータイプです。

 

一見まったくうつ病に縁が無さそうに見えるリーダータイプの人間ですが、実はこのタイプがうつ病になる可能性はとても高いのです。

 

責任感が強くて自分が前に出るタイプのリーダータイプは自分で自分の首を絞めます。

 

失敗したらストイックに「自分の責任感だ」と自分を追い込んでしまうために心が弱って突然うつ病になってしまうのです。

 

特に失敗してぽっきり心が折れてしまったときは要注意。

 

これをきっかけにうつ病になる可能性があります。

 

人目を気にしてしまう繊細タイプ

人目を気にしすぎる繊細タイプもうつ病になる可能性が高いです。

 

一目を気にしてどんなときも人に好かれたいと思うと、ちょっとのことでも気にしてしまって、ストレスを溜めこんでしまうのです。

 

人に嫌われることを大変嫌がるこのタイプはちょっとでも対人関係が崩れると、一気にうつ病になってしまうことがあります。

 

人間関係の破たんがうつ病へ繋がるのです。

 

我慢我慢なストレス溜め込みタイプ

言いたいことがあっても相手のことを考えて我慢して溜め込むタイプはうつ病になりやすいです。

 

自分の感情を押し殺し、人前で態度に表せないタイプは非常にストレスを溜めこみやすく、じわりじわりとうつ病になってしまうのです。

 

我慢は体によくありません。

 

しかしどうしても自分の感情を周りの人に隠してしまう人は一定数います。

 

そういった人がうつ病になりやすいタイプなのです。

 

まとめ

このようにストレスを溜めこむようなタイプはうつ病になりやすい性質をしています。

 

こういった性格であるという人は普段からうつ病対策を行うようにしてください。

 

うつ病になりたくないなら自分の性格を分析して、うつ病にならないように気をつけましょう。

 

投稿日:

0円でメンタル改善!セロトニンの増やし方まとめ

 

秋からセロトニンが減少する 今まで暖かい日々が続いていて、

 

日差しもよく降り注いでいましたが 秋になってからは日が短くなり、天気もくもりの日が増えていきます。

 

涼しくなって暑すぎず寒すぎずで過ごしやすい秋ですが、秋からセロトニンが減少していきます。

 

セロトニンは実際に増やすことが可能で、食事の面でも運動の面でもセロトニンを自主的に発生させることができます。

 

そこで、セロトニンを発生させる方法をご紹介します。

 

赤身の肉はセロトニンを発生させる

お肉を食べると人は幸せを感じるといわれており、中でも赤身の多い肉を食べるという行為はタレントの泰葉さんもしている方法です。

 

お肉を食べるときにはたくさんの咀嚼の回数が必要になりますが、この「噛む」行為もストレスに強くなると言われています。

 

赤みの多い肉でセロトニンを摂取すること自体は簡単で、手軽なのですが気を付けたいことが一つあります。

 

それは食事のバランスを崩さないことです。

 

お肉優勢で他の野菜や炭水化物の接種をおろそかにすると、栄養バランスが崩れて反対に体に悪くなってしまいます。

 

そのため、お肉を食べるときにはしっかりと野菜や炭水化物も摂取するようにしましょう。

 

運動はセロトニンを作るのに食事と同じくらい大事

鬱々とした気分だと、外に出る気は失せますが実は運動はセロトニンを作る効果があります。

 

運動が苦手で、運動をするのが億劫な人でも大丈夫です。

 

外に出て散歩をする。

 

これだけでセロトニンは作ることができます。

 

これならお金も掛かりませんし時間にも縛られないので、自分のペースですることが出来ます。

 

ウォーキングをするだけでも気分が晴れる効果があって、特に効果を得やすいのは晴れの日です。

 

太陽の光を沢山浴びながら体を動かすと、歩き終わったときには心身共に少しスッキリしています。

 

どうにも運動をしたくない、外に出たくないというときはカーテンを開けるだけでもセロトニンを取り入れられるので 自分の体調に合ったセロトニンの増やし方をすることができます。

 

投稿日:

身近にうつ病患者がいる方へ|うつ病の人への接し方のポイント3つ

 

うつ病は現代病とも言われ、年々患者が増加しています。

 

厚生労働省が行った調査によると、15人に1人は生涯に1度はうつ病にかかるという結果も出ており、非常に身近な病になってきています。

 

もし家族や友人など身近な人がうつ病になってしまったとき、接し方を間違えてしまうと逆に悪化してしまうということも十分にありえます。

 

ここでは、うつ病の人への正しい接し方をご紹介します。

 

基本は「普通に」接してあげる

「私が何か変なことを言って、余計悪化したら困る…」と、相手がうつ病だからと腫れ物に触るように接してしまうのは逆効果。

 

それを本人が感じ取ってしまうと、余計「自分のせいで周りが困っている」と思い詰めてしまうことにもなりかねません。

 

ですので、基本的には普通に接してあげるというのを心がけるようにしましょう。

 

普通におしゃべりをしたり一緒に出掛けたりするなど、いつも通りで構わないのです。

 

「頑張れ」と言わない

「頑張って」というのは普段良く言ってしまいがちですが、これはうつ病の人にはNGワードです。

 

うつ病の人というのはもう十分に頑張って、それでもダメだった…と追い込まれている状態です。

 

そんな時に「頑張れ」と言われても、「これ以上何を頑張るの?」「あれだけやってもダメなの?」とますます落ち込んでしまいかねません。

 

「頑張っているね」「無理しないでね」と、相手の努力を認めつつマイペースで良いんだということを伝えるのが良いでしょう。

 

アドバイスはしない

うつ病の人を元気づけようと「出かけてみたら?」などと色々とアドバイスをしてくなるかもしれませんが、実はこれも逆効果。

 

アドバイスする側は良かれと思って言っているかもしれませんが、患者本人にとってはそれがプレッシャーになってしまうこともあります。

 

うつ病の人に対してはアドバイスをするのではなく、本人の思いをよく聞いてあげる、本人を受け入れてあげるという姿勢が大事です。

 

まとめ

ここでは、うつ病の人への正しい接し方をご紹介しました。

 

うつ病を治すには周囲の人の理解や協力が不可欠です。

 

身近にうつ病の人がいて、どう接すればいいのかわからない…と言う人は、是非参考にして下さいね。

 

投稿日:

とても身近!うつ病のリスクが上がるセロトニン不足の原因3つ

 

うつ病は今や国民病と言われるくらい多くの人がかかりやすい疾患と言われています。

 

なぜうつ病を引き起こすのかということに関してはある程度わかっており、その中でも大きな原因としてはセロトニン不足が挙げられます。

 

セロトニンは脳の中にある神経伝達物質で正常に働くことで心の安定を維持することができるものです。

 

このセロトニンが不足する原因はいくつかあるのですが、特に知られていることが3つあります。

 

不規則な生活ではセロトニンが生成されにくくなります。

 

セロトニンを体内で生成しやすい時間帯は太陽の出ている日中ですが、この時間帯に就寝してしまったり、やらなければいけないことがあるということで徹夜するようなことが続くとセロトニンを作れる時間帯に起きていないような事態になることがあります。

 

そのため起床時間や就寝時間がバラバラになってしまう不規則な生活では、セロトニンが不足しやすくなるのです。

 

食生活の乱れでセロトニンの生成に必要な栄養が不足します。

 

セロトニンを体内で生成するためには必須アミノ酸やビタミンなどを体内に取り入れる必要がありますが、当然ながらこれらを食事から吸収しないといけません。

 

しかしながら近年は男女年齢問わずダイエットや仕事が忙しいという理由で、食事を抜いたり意図的に食べないという人も多いことから、かえって栄養失調になっているケースもあります。

 

そうなるとセロトニンを生成しようとしてもできないことから、うつ病を引き起こしてしまうことになりかねないのです。

 

ストレスが多すぎるとセロトニンが不足しがちです。

 

ストレスを感じる時には一時的にセロトニンの動きを鈍くさせてしまうことが多いのですが、

 

一時的なものであればまたすぐにセロトニンが働くようになるため、特に大きな影響を与えることはありません。

 

しかしながら仕事や家庭などで長期間に渡って強いストレスを感じるようになると

 

セロトニンの動きが慢性的に鈍くなったり不足するようになったりして機能しなくなり、うつ病を引き起こすことになるのです。

まとめ

セロトニン不足はうつ病を招くものですが、

 

不足する原因はある程度わかっていることから自分でセロトニン不足になるリスクを避けることも可能です。

 

なのでセロトニンを生成できるような環境をできる限り自分で整えてうつ病の予防、あるいは改善に努めるようにすべきです。

 

投稿日: